書きながら考えたこと。

奈良で暮らす20代の男の、とりとめのない日々の記録です。

忙しい日の日記。

いろんな状況の、いろんな気分のときの言葉を書き残したいと思う。

 

久しぶりに2日続けて12時間くらい働いて、特に今日はエネルギーを使うミーティングを2本したあとで5時間半のケア。ケア中に事務仕事もこなして、もうへとへとで家に帰ってきた。

 

僕は人がたくさんいる会議や、初めての人ばかりの集まりに相当なエネルギーを使うタイプで、それが続くと疲れるのは当然で、当たり前のように、終ったあとで頭が痛くなった。

この仕事ももうすぐ3年になる。

自分が何が苦手かは大体わかってきたので、頭が痛くなっても冷静に対処できるからある意味楽でいい。

 

職場ではいま、いろんなことが同時に動き出していく感じがあって、それに伴ってこれから自分の生活も忙しくなっていきそう。

まあ、8月は休日も多いのだけど。

 

そして、その前に明日から3連休。岐阜で友人たちと会うのだけど、現地までの一人での電車旅が結構楽しみだったりする。

 

初めて行く場所まで、乗ったことのない電車に雨の中揺られるのは至福の時間になりそう。

 

 

久しぶりに疲れた頭を落ち着けようと、パソコンのディスプレイの左半分で、「365日のシンプルライフ」を見ながら書いている。「リトルフォレスト」もそうだけど、この映画はスッキリしたいときに役に立つ。

 

そしてまた、フィンランドに行きたくなる。

オーロラは見れなくていいのだけれど、犬ぞりはいつかやってみたい。

 

 

そういえば今日、仕事中に文字が読めない利用者さんに本を読んであげていて、それが自閉症統合失調症についての本だった。

 

「復習したい」という希望に沿ってこれまでにもう2回読んだページをまた声に出して読んでいた。読んでいると午前中の会議で大量の情報を得ていっぱいいっぱいだった頭が落ち着いてきた。

 

自分も受験勉強をしているとき、復習って好きだったな。一度やった部分に戻ってきて、もうわかっていることを確認するのが落ち着ける。情報があふれているいまだからこそ、一度学校で習った、当たり前に知っているようなことをもう一度復習したい。

 

英会話が楽しいのは、一度は触れたことがある表現を辞書で確認しながら復習して、口から出るようにしていく作業だからかもしれない。

 

疲れたときは、当たり前のことを丁寧に確認してみよう。いつかワーホリをしたいと思っていたけど、それよりもまた、留学するのが楽しいかもしれないな。

 

そういえば、30歳までもう数年で、こんな状況だから、もしかしたらもうワーホリってできないのかもしれない。

 

とりあえず明日の岐阜行きの電車で読めるように、一度読んだ本をリュックに入れておこう。

 

疲れた頭でものを考えると、思考がいろんなところに飛んでいく。こんな日記を残しておくのもたまにはいい。