書きながら考えたこと。

奈良で暮らす20代の男の、とりとめのない日々の記録です。

いやはや。

一緒に暮らしているパートナーと休日に近所の山に登り、銭湯に入り、夜は鍋を囲んでからボードゲームをするという、最高の一日を過ごしたあとで、ポップインアラジンでなんとなくTEDtalkを見ていたら、ものすごい話に出会ってしまった。

 

2014年のできごとらしい。

自分はこのニュース知ってたんだろうか。知ってて忘れてしまったのか、見てもいなかったのか、わからない。

とにかくショッキングなできごとだった。

 

デンマーク留学中、シリア難民の人も一緒に学んでいたから、他人事とは思えない。

だけど、難民問題は、しばらく関心が薄くなってしまっていた。

 

ただただ、勉強しないといけないし、寄付ももっとしないといけない。

 

自分が満たされてるなら、寄付と勉強をしよう、とにかく。

 

学び続けないといけない。

「人間できるだけ何もしないほうが環境には良い」とか反出生主義とかって言う前に、不平等や世の不条理に、ちょっとでも抗いたい。

 

 

 

jp.voicetube.com