書きながら考えたこと。

奈良で暮らす20代の男の、とりとめのない日々の記録です。

turatura

 

年度変わりになると、今でも落ち着かなくなる。

まだ小さくて、学校に通っていたころは、新しいクラスがどんな人がいるかなんてことが気になってそわそわしていたと思うけれど、クラス代わりでなくても、仕事でも同じように新しく後輩が入ってきたり、異動があったりして落ち着かない。新しい仕事も出てくる。

 

桜が咲いて外の景色はきれいで、気温も快適だというのに、なぜか憂鬱な感覚を持ってしまうことも多くて、ささいなことで傷ついてそれを引きずってしまったり、小さなことにプレッシャーを感じてしまったりする。

 

 

こんなときは、できるだけのんびりして、憂鬱な気分に耽りたいときは存分に耽って、気分を変えたくなったらサウナや水風呂に入ったり、スポーツしたり、好きなことをすればいいか、とも思うのだけど。

 

 

季節代わりのような環境の変化は、いくつになっても苦手なのかもしれない。

 

どうか、静かなままでいられたら、なんてことを、こんなときには思ってしまうのだけど、そういうわけにもいかないから、少しずつ心を、慣らしていくしかないんだろうな。

 

f:id:kikikiron:20210326132544j:plain