書きながら考えたこと。

奈良で暮らす20代の男の、とりとめのない日々の記録です。

ミスドと松屋

昨日は朝ミスドへ行って中国語の勉強などをし、宿直明けの今日は帰宅途中に、駅前の松屋で朝定食を食べた。

 

ミスドのモーニングは、飲み放題のカフェオレとドーナツのセットで350円くらい。

松屋の朝定食は、小さなカレーと温玉と味噌汁とミニライスのセットで260円。どちらも、驚くほど安いのに、おいしくて満足。

 

安くておいしいって、本当にありがたい。

どちらも子どもの頃も今も、家の近所とか、よく行く場所にあって、頻繁に使ってきた。

 

ミスドのドーナツは毎回きちんとおいしい。好みじゃないメニューはあっても、食べたくて選んだものを、おいしくないと思ったことが一度もない。カフェオレもおかわりできるからゆっくりと過ごせるし、学生からおばちゃん、おっちゃん、おじいちゃんまで、幅広い層がいるのがなんだか落ち着く。読書も勉強も、アルバム作りのようなちょっとした作業だってできてしまうし、虫歯を気にして、食べ終わった後でキシリトールガムを噛んでいたって誰も気にしない。

 

昼時になるとおいしそうな汁そばのにおいが隣の席からしてくる。甘いにおいと、昼食のにおいが混ざっても、それはそれでなんだか心地よい。

ダスキン障がい者リーダー育成海外派遣事業も割と応援していて、時々、おつりを募金したりする。糖質制限が流行っても、時々は行きたくなるお店だ。

 

 

松屋の朝定食は少し心配になるくらい安い。宿直明けの朝に小腹がすいてたらだいたい食べに行く。食べ過ぎると帰ったあと寝付きにくくなるから、だいたいライスを小にする。そうするとさらに30円安くなる。

 

安いのに、本当においしい。今日食べた選べる小鉢のカレーのおいしさには感動した。おいしい温玉カレー、サイズ小さいとは言え260円で外で食べれるって、めちゃくちゃ破格だと思う。

 

今朝は松屋に11時ごろ行ったら、なぜかワンオベで、従業員の女性がとても忙しそうにしていた。どんどん客が入ってくるので、客が食べ終わったトレーを下げる暇もない。5つくらいのトレーが置かれたままになっていて、手伝ってあげようかと思うくらいだったが、絶対気を使わせてしまうやろうなと思ってしまってそれもできず。食べ終わって出て行くくらいのタイミングでもう一人従業員が入ってきて、こっちまで少しほっとする。

 

駅前で、客も多い店舗。返却口を設けれたらと思うが、小さい店だからそんなスペースもないみたいで、ちょっと大変だな。

大変ななか働いてくれている従業員さんに感謝して、次は空いてるときを狙っていこうと思う。給料、上がるといいな。たまには、高いメニューも頼もう。

 

 

ミスドとか松屋とかって、もはや当たり前にありすぎてありがたみを忘れがちだけど、本当においしくて安くてすごい。

自分ももう、30歳近い年齢になって、もしそれなりによく稼いでいたらこういうチェーン店ってちょっと足が遠のく存在なのかもしれないけれど、福祉職でそんなに稼いでいないおかげで(?)「給料安いんだから支出も減らして良いだろう」と、堂々と食べに行ける。これが外資系コンサルとかで働いていたら、朝ミスドで読書や勉強をするなんて、なんだかケチっているように感じてしまうのかもしれない。

 

前にも書いたけれど、正社員の先輩が空いた時間にマクドでバイトしている。その先輩は若い、働き始めのころ、休みの日にスーパー銭湯に行ってからマクドに行くのが好きだったらしい。

なんかね、めっちゃ良いなあと思ったです。その話を聞いたとき。

 

それだけで十分、人って幸せになれるよなと、そんなに高いもん食べたり、たくさん金使うことしなくても、好きな店に良くだけで人って満たされるよなと。そうやって手ごろな幸せを与えてくれる存在ってまじでありがたいなと思うわけです。

 

その先輩が、3人の子どもがいる今もマクドが好きらしくて、マクドのバイトを楽しんでやっているみたいで。なんか、めっちゃ良くないですか?

 

僕はマクドはあまり行かないけれど、ミスドの気軽に入れていろんな人がいて自由な感じも、コーヒーとカフェオレおかわり自由なのもすごく好きで、これからも時々行きたいなあと思っている。

学生で、今よりずっとお金がなかったときに、飲み物頼まずにドーナツ頼んで友達とおしゃべりしてた申し訳なさを、これから長く使い続けることで、返していきたいと思っています。子どもができたらミスド買って帰ろう。

そういえばこないだ、おそらくヨーロッパのどこかの国出身のお父さんが、小さな子どもを片手で抱きかかえて、もう片方の手でテイクアウトしたドーナツを持って出て行ったの、かっこよかったな。