考え事と生活の記録

とりとめのない日々の記録です。

50年後の未来を考えようとすること。

 

 

「材木屋さんや木工アーティストのトークイベントがあるからおいで」と先輩に誘われ、宿直明けの眠気と戦いながら香芝まで行ってきた。雨の中歩いて駅に向かったら、電車に乗り遅れ、ついでに乗り換えの電車も間違えて乗り過ごしてしまった。

 

Goodjobcenterというところでやっているイベントウィークの企画のひとつ。

そのなかで、奈良の吉野にある徳田銘木という会社の社長さん(60代)が、「88歳の別の会社の社長の方とご飯に行ったときに、50年後に自分の会社をどう考えているかと聞かれた」って話をしていて、会社の社員のために、自分の死後の会社のことを想像しながら今何を残すか考えているって話を聞いて、驚いた。

 

数週間前にグッド・アンセスターという本を読んで、それも死後の未来を考えることについて書かれた本だったのだけど、「ああ、自分は5年後10年後の見通しさえも建てれてないな」って思った。僕はまずそこからなのだけど、

 

僕の今やっていたり、やろうとしている活動の先に何があるのかとか、ー僕は社長でもなんでもなく、細々と社会に働きかけることをこれからも続けていくつもりなのだけど、「日本が50年後どんな社会になっていて、自分はそれまでどんな社会を目指してそれと関わって来たのか」みたいなことをイメージしておきたいなと思った。

 

50年後なんて、もうとっくに死んでるかもしれないけど。

難病にかかったり、事故にあったりして数年後にはもういなくなったりしてるかもしれないんだけど、生きていると仮定して。

 

 

今やってる、自死遺族とかメンタルヘルスについてのタブー視をなくして当事者の声を広めるような発信活動とか、精神病院を風通しのいい場所にしていくための活動とか、そういったものはどんな未来に繋がってるんだろう。

 

大阪でとんでもない虐待事件があったからできたNPOが、精神科の人権擁護という分野で日本をリードしていこうとしているけど、もうそんなNPOが必要ないくらい日本の精神科医療は透明性が高く素晴らしいものに50年後なっているのか、今よりよくなっていても、精神科病院がある限り必要なものなのか。その過程で、日本の全都道府県で精神科病院への訪問面会活動は実施されているのか。

 

 

50年後、入院患者の傾向はどうなってるのか、地域での支援は充実したものになってるのか。

自殺は減ってるのか、インクルーシブ教育は進んでるのか、

 

 

もっと大きなところで言うと、日本人の価値観は、金や地位や学歴を求めるところから変わってきてるのか、あんま変わってないのかとか、政治は若者や一般大衆に開かれたものになってるのか、女性の首相は誕生してるのか、学校の先生の働き方はマシになってるのか、出生率や人口分布はどうなってるのかとか、あてることができなくても、自分なりにイメージしながら動くことは大事かもしれない。

 

 

 

 

stand.fmに、匿名でレターをくれた方がいて、そのレターに、よだかさんが手紙を書いて読んで答えてくれた。

 

今年息子を自死で亡くした母親に向けて、10数年前、母を自死で亡くした娘が送る言葉。その人だから言える言葉があるなって感じた。

僕も、これまで同世代の友人を自死で亡くして、そのお母さんと話すこともあって、子どもを亡くす辛さっていうのを想像することは何度かあったのだけど。

 

大事な人を亡くす、その直後のどうしようもない辛さを過去に経験した人が、その渦中にいる人にメッセージを届ける。どうしようもなく苦しくても、それでも生き続けたら、自分も、後ろ向いたり、前向いたりしながら、希望も持って歩いていけるかもしれない。そう思ってもらえたら嬉しいな。

 

stand.fm

 

 

あと、これは、僕の友達が作った歌なのだけど、とてもよくて、いつかレターをくれた人にも届けたいと思っている。こんな曲を、何度でもyoutubeで聞けるってすごい時代だな。

 

www.youtube.com

最近のニュースを読んだ短い感想2つ

 

性暴力報道

news.yahoo.co.jp

 

この国で女として生きるの、おそろしすぎないか。

過去にレイプサバイバーの女性と付き合っていたことがあって、性被害のニュースを、自分がもし女だったらと思って考えることがあるんだけど、ストーカーにしても、痴漢にしても、こういった性暴力にしても、結構な頻度でニュースになってるし、性的虐待が虐待のなかで最も明るみに出にくいように、ニュースにならないような性暴力も無数にあると考えたら、ほんとに恐ろしいと思う。

もちろん、男性が被害にあうケースもあるけれどさ。ストーカーとか。

 

それにしても、「銀座では普通だよ」って、銀座知らないからわからんし普通ではさすがにないと信じたいけど、違う場所でもこの人以外の男もこういうことしてるんだろうなって思うとぞっとする。酔っぱらって暴力振るう側は一瞬かもしれんけど、PTSDは一生続くこともあるし、被害者の人生を大きく変えてしまう。

 

 

 

障害者虐待

news.yahoo.co.jp

 

中井やまゆり園の問題。同業者だし、この記事に出てくる「強度行動障害」と呼ばれる人たちとの関わりも少なくないから、黙ってはいられないというか、考えずにはいられないニュース。

 

実際、大変なのは大変だし、しんどい思いをしている家族や職員も多い。

だけど本人がたぶん一番しんどいんじゃないか。実際のところわからないけど、僕の職場では、そんなふうに考えて支援をしている。

 

HSPって言葉も広まって、人間が適した環境で過ごすことの重要性を認識している人は増えたと思うけど、自閉症のなかでも他害・自傷行為の多い人って、苦手な環境にいるからそうなってしまうんだよな。臭覚過敏で何度も衣類を着替えたがるとか、一つの食べ物が好きでそればかり食べたがるとか、ここに書かれてる光とか音もそう。高い音、子どもの声が苦手な人は多い。逆に水は好きな人は多い。僕もその点は同じ。

 

その人に適した環境とか落ち着ける場所、その人が集中できる作業、好きなことを、探してあげることがとても大事で、だけど言語が使えない人も多いから、コミュニケーションには専門的なツールや職員の専門性、そしてその人と繰り返し関わって慣れていくことが必要で、3年で交代してたらそれができないし、同じ場所に多くの利用者がひとつの部屋にいたらそりゃしんどい。

 

そこで過ごす利用者さんも、働く職員も、かなり辛かっただろうなと想像する。

ここで働く職員の研修や、人件費に予算を投じることも大事だし、グループホームを新たに作ってもその地域の人が反対しないような、社会の理解があれば少しずつ変わっていくことだと思う。

 

逆に、目をそらされて、無視されて、本人や家族は、追い詰められていく。

そりゃあ大変だし、ハードなこともあるけど、分かり合えたり、その人の喜ぶ姿とか、魅力とか見つけられたらその分嬉しいんだよな。

 

 園の入所者の中には、自閉症と知的障害で強度の行動障害がある人たちがいる。意思疎通が難しく、光や音への感覚過敏などによるストレスから、他人に暴力を振るったり、激しい自傷や破壊行動を繰り返したりする。そのため、身体拘束や虐待につながりやすい。適切な環境と支援を提供すれば行動障害は和らぐが、専門的なスキルや経験が求められる。  同園は県立のため職員は3~5年程度で異動。専門性が育たず、不適切な対応で入所者の行動障害がさらに激しくなり、虐待する―という悪循環に陥っていたとみられる。

 

入所施設も、精神病院も、そこで働く人が、楽しいと思えるように、施設の枠を超えた質の高い研修(そこにはセルフケアの研修も含めてほしいのだけど)ができてほしい。

安心してそこで暮らせるように。

 

いままで無視してきた国や自治体が責任もって取り組まないといけない。

ほんまにただの日記

 

 

朝起きたら頭痛がした。

昨日わりと寝る直前までスマホを見ていたからかもしれない。

昨日は転職先の仕事のあとで、久しぶりに会う友人と梅田とか中之島で外飲みをしていた。

最初にいったテラス席で飲める飲み屋は先払いで注文するやつで、酒とつまみ2人分で2600円だったのだけど、僕が仕事終わりに梅田に来る前にひとりで先に飲んでいた友人が、すでにできあがって気分が良かったからか2000円払ってくれて、僕は600円しか出していない。

 

そのあとは中之島のどこかのベンチで座って夜10時半ころまで喋っていた。お腹の調子がおかしいという友人につられたなぜかコンビニで僕が乳酸菌飲料を買って、それをちびちび飲みながら喋っていた。30歳目前の男2人にふさわしい、くだらない、良い話ができたと思う。友人は2児のパパである。

 

 

今朝頭痛がしたから、とりあえず起きてからベランダの椅子でぼーっと外を眺めて、飽きたら、適当に豚肉とか野菜とかを使って作った朝食をとり、

(ここまで書いていたら、床にゴキブリを発見する。やっつけるモチベーションがあまりない。)

 

書いていなかった、実習先のお礼状を書き、封筒と切手を買いにコンビニへ行く。

(先輩がやっているstand.fmを聞きながらこの日記を書いている。植物ポットのなかの小宇宙について語っている。ある日そこに、小さなカタツムリがいたらしい。同時に4匹もいたことがあるらしい。)

 

そのあと、しんどいので横になって休む。

目が覚めてから、小腹が空いたのでさっきコンビニで買ったメロンパンを食べて、少しだけテスト勉強をして、ずいぶん前にメルカリでまとめて買ったポケットモンスタースペシャルの漫画を読んでいたらまた眠くなってきたので寝る。

 

起きてから、今日使う予定が使わなかった交通費分を使って何かおいしいものでも買おうかと思いスーパーへ行こうと家に出る。外はもう暗かったけど、まだ図書館が開いてる時間だったから、図書館でレシピ本を借り、雑誌を読んでからスーパーへ。

 

体を動かそうと思って歩いてきたが、徒歩圏内のスーパーが2件ともしまっていて、結局ドラッグストアへ。予算オーバーして2000円くらいで買い物をする。

 

お腹がそんなに空いてないので、ウクレレの練習をしたり、youtubeビッグダディと成田さんとひろゆきさんの動画を見たりして過ごし(ビッグダディはすごい。子育てを僕もしてみたい気持ちになる。いつかするのだろうか。)、夜9時くらいに質素目な夕食をとり、気まぐれでブログを書く。

 

心配していた台風、奈良は今のところ大丈夫そうである。