読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとまらないブログ

京都に住む大学生の覚え書き

急がない生き方のススメ

 

 

 

 『パパラギ』というすてきな本がある。

今から百年ほど前、南太平洋の島に住むツイアビという人が、世界で最も「進んでいる」ヨーロッパを訪ね、そこで見たこと、感じたこと、考えたことを、帰ってから島の仲間たちに話してきかせた。その話をまとめたのがこの本だといわれている。

題名の「パパラギ」とは、島のことばで白人とか、ヨーロッパ人とか、文明人とかを意味する。パパラギのくらしぶりや考え方にはツイアビさんをびっくりぎょうてんさせることがたくさんあった。なかでも彼が驚いたのはパパラギが「時間」に対してどういう態度をとるか、だった。

 たとえば、ツイアビさんはこういっている。

「パパラギは時間について大騒ぎするし、愚にもつかないおしゃべりもする。といって、日が出て日が沈み、それ以上の時間は絶対にあるはずはないのだが、パパラギはそれでは決して満足しない」

 ツイアビさんの報告によれば、パパラギはいつも時間が足りないことを嘆き、天に向かって「もっと時間をくれ!」と不平をいう。彼が見たヨーロッパにはひまのある人はほとんどいなかった。誰もが、「投げられた石のように人生を走っ」ていたという。

(中略)

で、そんなことをしていて、結局、誰が得をするのだろう?いや、誰の得にもなりはしない。ではなんで?

ツイアビさんは結論した。これは伝染病の一種に違いない、と。

彼をそれほどびっくりさせたヨーロッパは、まだ人々が馬車で行き来していた時代だった。

 

辻新一「『ゆっくり』でいいんだよ」

 

f:id:kikikiron:20161204092731j:plain

 

 

 

 

 

いま、脳は、軽視できない警告を発し続けています。わたしたちは働きすぎだ、と。過労によるストレスを負い続ければ、鬱、心臓病、脳卒中、がん、その他多くの疾病を発症するリスクが高くなります。

 それにもかかわらず、私たちは健康を損なうリスクを負いながら、とくに欲しくもないものを買うためにとくに楽しくもない仕事に精を出しているのです。それが自由市場資本主義です。政治家やCEO(最高経営責任者)や銀行経営者にとっては、人類が成し遂げた社会組織の最高の形だとか。

 テロの恐怖に脅えることはあっても、肥満を恐れる人はそれほど多くありません。とはいえ、統計的には、テロよりも肥満のほうが命に対する危険は大きいのです。ストレスや過重労働がどれだけ寿命を縮めることになるのかは不明ですが、常に軽いストレスを感じながら、一日中、机に向かって仕事をすれば、肥満に陥ることはわかります。

もし、一日何時間かのんびり過ごせば(木陰で毛布を広げてその上に寝転び、おいしいワインを飲みながらであればもっといいでしょう)寿命が何年か延びるとしたら、わたしたちはきっとそうするのではないでしょうか。

 

Andrew Smart「できる人はダラダラ上手ーアイデアを生むオートパイロット機能」

(原題) "AUTO PILOT THE ART&SCIENCE of DOING NOTHING"

 

 

f:id:kikikiron:20161204092745j:plain

 

 

 

 

自殺者約二万七〇〇〇人、引きこもり約七〇万人、うつ病患者数約九五万人…。こういた数字について、僕たちに何が言えるだろう。日本人はまだまだがんばるのが足りないのだろうか。それとも、がんばりすぎ?

 がんばっても、がんばっても経済はうまくいかず、経営もうまくいかない。もう何十年もうまくいかないのだから、そろそろ、がんばること自体を考え直したほうがいいいのではないだろうか。そしてこんなふうに問うのだ。

「がんばる経済」は確かに「がんばらない経済」より、優れているのか?

「がんばる経営」のほうが「がんばらない経営」より、上等だというのは本当か?

「がんばらない社員」が「がんばる社員」より、劣っているというのは本当なのか?

みんなで一度大まじめに考えてみるべき時が来ていると、僕は思うのだが。

 

辻信一 「『しないこと』リストのすすめ」

 

f:id:kikikiron:20161204092832j:plain

 

 

数日前、風邪をひいた。

 

 

ゆっくり家で休もうと思い、暇つぶしにのんびり読めそうな本を探そうとして図書館に行き、偶然、辻さんの「『ゆっくり』でいいんだよ」というタイトルの本を見つけた。

 

風邪をひいた週は、バイト続きで、しかも卒論のこともやらないといけないから休む暇がなかった。忙しくして体を酷使したせいで風邪をひいてしまったんだと思い、反省の意味でもこの本を読もうと、借りてみた。

 

読んでみると、今まであまり考えてこなかった「時間」についての考察がたくさんあって、たくさん気づくことがあり、おもしろかったので、関連書もいくつか読んでみた。

 

その中で特に印象的だった部分を引用したのが上の三つなんだけど、皆さんはどう感じただろうか

 

 

 がんばることと、忙しくすること

 

日本人の僕たちは当たり前のように小さいころから「がんばれ」と言われ、「がんばろう」と声をかけてきた。けれども、がんばるというのは、今よりもペースを速めること、もっと言えば忙しくすることに他ならないのではないか。

 

これは、辻信一さんが著書の中でよく指摘することだ。

 

 

僕たちは小さいころから試験で点数をつけられて競わされ、他の人や、あるいは過去の自分よりも上にいくことをよしとされてきた。(念のためにに言っておくと、これは決して先進国で共通ではない。北欧には中学まで学校で試験をしてはいけないというルールを設けた国もある。)

試験で高得点をとるためには、試験日に間に合うように、急いで勉強しないといけない。のんびりしてたら試験範囲を網羅できないかもしれないのだから、忙しくしないといけなくなる。

 

 

学校を卒業して就職すれば、おそらく多くの企業ではより良い成果を上げることを求められる。決められた期限のなかでたくさん成果を出そうとすれば、のんびりしてはいられないと感じるだろう。

 

もちろん、内心だらだらしたいと思っている人は多いだろうし、できる限り”こっそりと”手を抜いたり、怠けたりすることを意識的に、あるいは自然にしている人はたくさんいるだろう。そういう人が多数派だと信じたい。

 

けれどもいまだに、少なくとも社会規範としては、日本人はがんばることを美徳として信じて疑わないんじゃないかと思う。

 

 

そういう僕も、勉強面でとてもスパルタな人に育てられたのもあってか、ついついがんばってしまう、怠けるのが苦手なタイプの人間だったなあと思う。

 

少なくとも大学まではがんばって勉強してきて、1浪の末、京都大学に合格したし、

大学でも、勉強以外にもサークルや生活費を稼ぐためのアルバイトなどに精を出してきた。

浪人までの期間、同世代の他の人たちと比べて多くの時間を勉強に割いてしまっていることを自覚していた。

だからこそ大学に入ってからはそれ以外のことをたくさん経験したいという気持ちがあって、かなり貪欲に、多くのことを短期間に経験してきたように思う。

つまり、大学に入っても、やることが勉強から他のことに広がっていっただけで、結局同じように忙しい時間を送ってしまっていた。

 

 

けれども、いろんな本を読みながらまじめに考えれば考えるほど、がんばったり、忙しくしたりすることはよくないことなんじゃないかと思えてくるのだ。

 

 

個人の話

僕は大学で臨床心理学を専攻してきた。

その関係で、臨床心理士精神科医の書いた本などをたくさん読んでいたが、

のんびり自分のペースを大事にして生きることを進めている本がかなり多い。

 

それを読むだけでも、多くの現代人が急がされ、自分でも忙しくしてしまい、そのせいでストレスが溜まりすぎて精神疾患に陥ってしまっているのだ、ということをひしひしと感じる。

 

日本という国は、大学生へのプレッシャーも強いんじゃないかと思う。以前、京大のカウンセリングルームの人の書いた留年についての記事がネットで話題になった。

留年について-カウンセリングルーム(京都大学)

 

自由の学風とか、のんびりした雰囲気がひとつの特徴でもあった京大の学生でさえも、

「ストレートで就職しないといけない」というプレッシャーを感じずにいられないほど忙しい世の中になっているとしたら、それはかなり嘆かわしいことだと思う。

 

 

みんないったい、何に急いでいるのだろうか、そして、何に急がされ、がんばらされているのだろうか?

世間?教育?マスコミ?家族?それとも、自分自身?

 

忙しくしないと落ち着かない、暇にしてると不安になるとしたら、その気持ちに従って忙しくする前に、どうしてそう感じてしまうのか、一度落ち着いて考えるべきなのかもしれない。

家族を養わないといけないとか、借金を背負っているわけでもないのに、忙しく働かないと生活できないとしたら、少し生活の水準が上がりすぎているのかもしれない。お金でしか買えない、本当に必要なものってなんだろうか。

 

 本当に必要なもののために、必要な分だけ働いているのだろうか。

 仕事が好きな人はたくさん働けばいいかもしれないけど、働きすぎると体に悪いだけでなく、稼いだ金でたくさんのものを買って消費を増やせば、残念ながらそれは、限られた資源の無駄遣いにもつながってしまいかねない。

 

 

社会の話

 

「個人は忙しくしないほうが幸せになれるのかもしれない。けれど、労働年齢人口が減少しているんだから、みんなが働くペースを下げてしまうと、社会が立ち行かなくなってしまうんじゃないか」

 

そんな心配をするような責任感の強い人が日本にどれだけいるかわからないが、そういったまじめな人にこそ、知ってほしいことがある。

 

過剰による貧困

昨年話題になった新書「ポスト資本主義」の著者である広井良典教授は、その本のなかでこんなことを言っている。

 

「生産性が最高度に上がった社会においては、少人数の労働で多くの生産が上げられることになり、人々の需要を満たすことができるので、その結果、おのずと多数の人が失業することになる」ということである。

(中略)

まさに現在の先進国で生じている事態である。

 

広井さんは、物資の不足が貧困を意味していたかつての時代と比較して、生産性が上がったことによって必要な労働の量が減り、その結果失業者が増えて、たとえば若者の生活保護受給者が増えているような今の日本の状況を、”過剰による貧困”と表現している。

 

この問題の解決策として広井さんが著書のなかで紹介しているのが、近年のヨーロッパにおける時間政策および、広井さん自身が考案した人生の中のワークシェアリングの考え方である。

時間政策とは、人々の労働時間(正確には賃金労働時間)を減らし、その分を地域や家族、コミュニティ、自然、社会貢献などに関する活動にあて、つまり”時間を再配分”し、それを通じて全体としての生活の質を高めていこうとする政策だ(OECD(2007))

 

広井良典 「ポスト資本主義」

 

また、人生の中のワークシェアリングとは、学校(大学)卒業後から定年までの間ずっとフルタイムで働き続けるのではなく、途中数年間、たとえば余暇に使うとか、大学院に入りなおすといように、余暇と労働を織り交ぜた人生を歩むことである。 

 

 

前者は一日、あるいは一年といった短いスパンのなかで余暇の時間の割合を増やすことで、

後者はかつてより長くなった人生のなかで、余暇にあてる時間をすべて老後に回すのではなく、若いうちから少しずつ余暇を楽しみ、労働とのバランスをとっていくということだといえるかもしれない。

 

 

このようにして、限られた仕事をシェアしていく必要性を広井さんが訴えているように、一部の人が長時間働いて富を蓄積すればするほど、他の人に仕事が回らなくなり、格差は広がってしまう。

つまり、社会全体のことを考えても、働きすぎはよくないと言える。

 

 

 

残念ながら、時間政策のような画期的な政策をまだまだ日本政府は取り入れようとしないだろう。

また、北欧諸国のように、若者向けの社会保障が充実していないから、仕事をしばらくやめて余暇を楽しんだり、仕事をやめて大学院に進んだりするのは経済的な意味で難しいことかもしれないけど、貯金をためたり、奨学金を利用するなどすれば工夫次第で可能なことだと思う。

 

 

こんなことは、借金もなく、養う家族もいない人間の甘い考え方なのかもしれない。

 

けれども逆に言えば、そういう人間が不必要に無理して働くことは、もっと大変で本当にお金を必要としている人間から仕事を奪っているのかもしれないのだ。

 

 

 

都会と田舎では時間の進むペースが全然違うというから、今の世の中でも

みんなが忙しくなってきてると一概には言えないだろう。

 

だけど、もし、最近あわただしくなってきたなあと感じるのならば、

がんばること、忙しくすることが本当に正しいのか、

怠けること、休むこと、のんびり過ごすことは本当にいけないことなのか、一度ゆっくり考えるのがいいと思う。