書きながら考えたこと。

奈良で暮らす20代の男の、とりとめのない日々の記録です。

今日仕事で偶然「ならクル」を走ったけど、「ならクル」めっちゃ良いかもしれない。(4日目)

 

www.bbc.co.uk

今日紹介するpodcastBBCがやっている無料オンライン英語教材のBBC 6minute English。

大学のころから時々聞いていたBBC 6 Learning Englishのシリーズ。ひとつのテーマについて2人が6分間で短い対話をするこのシリーズが、podcastにもなっていたので、spotifyでダウンロードして聞いている。

 

興味深いトピックがほんとに多くて、コロナの自粛期間に家で子どもとどう過ごすかといった話や、読書の癒し効果、とか、最新の「倹約が美徳かどうか」といった話もおもしろい。

 

日本だと節約家はケチって思われたりすることもあるけど、「困っている人に渡すためにお金を貯めるべき」っていうピューリタンの考えを知ったらずいぶん節約に対する印象変わるなあ。和訳してるすごいサイトも見つけたのでこっちもシェアしておきます。。

 

BBC 20200618 倹約することは美徳ですか? : BBC & VOA Learning English の一部を日本語訳してみるblog by ble2j

 

 

 

6月20日(土)曇りのち晴れ

 

「ならクル」っていうのは奈良県が作った地域活性化や県民の健康増進を目的とした全部で約593キロのサイクリングコース。そんなに長いとは知らなかった。

赤茶色の標識に緑地に白の自転車のマークは奈良市で暮らしていると普段よく目にするし、僕は普段自転車で通勤するときに秋篠川を西ノ京のほうまで南下して職場に向かうから、通勤ルートにも含まれていて馴染みがあったのだけど、今日初めてならクルで飛鳥の方を走った。

 

nara-cycling.com

 

 

ガイドヘルプで利用者さんと飛鳥駅からサイクリングをすることになり、利用者さんの希望と僕の興味に沿ってどんどん走っていたら葛城市まで行ってしまい、帰りが大変かもなあと思っていたのだけど、ならクルが葛城市から御所、そして御所から飛鳥駅まで導いてくれたおかげで途中地図を見るために止まることなくすいすい走って戻ることができた。

 

気候がサイクリングにちょうど良かったのもあるけど、田園風景で気持ちいいコースを走れてかなり快適だった。地図を見ずに「ならクル」の標識に従って走るというのも、なんだかレースゲーム感覚で楽しめる。レースゲームのほうがむしろ地図見るか。

 

今回は仕事でレンタサイクルを使ってのサイクリングだったけど、いつか休みの日にもクロスバイクで走ってみたいと感じるコースだった。

 

ひたすら走っていたので、写真ほとんどなくて恐縮ですが飛鳥で一枚だけ撮ったのを貼っておこう。

 

 

奈良在住の方や、観光で奈良に来て時間がたっぷりあるって方におすすめ(レンタサイクルでも十分楽しめます)。

 

それにしても障害者福祉の仕事、しんどいこともあるけど、時々今日みたいに「これが仕事でいいのかな」って思うような楽しいガイドヘルプもあるから、やめられない。

仕事終わりの夕焼け空も綺麗だった。